リサーチ

社員ゼロで10メディア運営!在宅ワーカーに活躍してもらうには?

近年、急速に広まりつつあるリモートワーク(テレワーク)。

今やリモートワークは「社員」がオフィス以外の場所での業務を行う」という物理的な意味にとどまらず、業務委託による副業や在宅ワーク、といった個人の「働き方」、企業の社外人材の活用方法という観点からも注目されています。

今回は、業務委託の在宅ワーカーを活用したメディア制作事業を手掛けていらっしゃるベンチャー起業家、株式会社ネクストライフ 古川渉一様に、在宅ワーカー活用にあたって、事前に検討整備すべきポイント、人材の見極め、契約や業務遂行上の注意点など幅広くインタビューしました。

事業拡大を図る起業家様や、副業・在宅ワーカーの活用をご検討中の企業様は必見です。

続きを読む

事業会社から見た避けるべき調査会社【リサーチ会社の見分け方】

ネットリサーチやアンケートを実施する際、調査の設計やユーザーデータ収集の支援で、いわゆる「調査会社」の支援を得るべき場合がある。

ただ、事業会社側が調査会社に求めることと、調査会社が提供するサービスとでは、少からずズレが生じており、必ずしも事業者側が求めるものになっていないことがしばしば見受けられる。
この記事では事業者側からみた、調査会社の課題ともいえる「避けるべき調査会社」のポイントを事業者側の声とともに紹介していく。

続きを読む

【今更聞けない】広告効果の引き上げと効果測定 アンケート×広告の仕組みと活用方法

アンケート型広告

最近、広告費を無駄にしないための、データの活用や顧客理解の重要性が話題になりますが、なかなかリソースを割くのは難しいですよね。

アンケートやモニターと掛け合わせたキャンペーン型広告や、
アドテクリサーチ、(広告配信や広告流通のための技術 ※アドテクノロジー を利用したアンケート調査)では、広告・プロモーションの費用でリサーチも賄えますが、業界の知る人ぞ知る、という施策で、あまり主要な方法ではありません。
本日はそんなプロモーションリサーチについて解説します。

 

 

続きを読む

【例文付き】アンケート回答率を上げる方法 徹底解説

アンケートに協力してもらう方法とは?

アンケートで直面する最大の課題の1つが、回答率の低さです。
どんなことをすれば、お客様の声をたくさん集められるのか分からない。
アンケートへの協力は任意のことが多いので、回答者が回答しようと思っていただけるようにすることがポイントになります。

どうしたら、リサーチ結果を脅かすバイアスをかけることなく、アンケートへの回答を促すことができるのでしょうか?

続きを読む

【新規事業開発】これを聞いたらやばい!?失敗の兆候発言ワースト10

新規事業の失敗

私は、先週あるマーケティングのイベントに参加してきました。
そこで、あるIT企業で新規事業開発を担当しているAさん(仮名)に出会いました。
実は、新規事業が迷走していて、もうこのままでは投資が回収できず、大きな損失…いわゆる大失敗で終わりそうということでした。
不安そうな新規事業開発担当のAさんのエピソードを詳しく聞いていると、「そんな会話、上手くいってない現場であるあるだなあ」というものばかりでした。

続きを読む

【ユーザー調査】顧客満足度だけじゃない?ニーズを掴む失敗しないアンケートの手法とは?

「プロモーションリサーチ」資料

 

顧客満足度(CS)調査やアンケート不要論もある中、なぜ顧客ニーズや顧客満足度を明確化することが大事なのでしょうか?失敗しがちなアンケート・リサーチ設計方法と成功の方法について解説します。

1.脱・不毛なアンケート/ユーザー(顧客)満足度調査!施策最適化のためのポイント


・高まる「ユーザー調査」の必要性(アンケート/ヒアリング/顧客満足度調査)

現在日本では、WEB/アプリ数の急激な増加により、可処分時間の奪い合いが激化し、サービスを認知・利用して貰う難易度も急激に上がっている状況です。
実際に2015年から2017年の日本のアプリダウンロード数は2年で60%増加していますし、2017年の一人当たりの平均所持アプリ数は79個(前年比4個増)と、年々増え続けています。


続きを読む

新規事業のリサーチ手法を公開!ニーズ調査の失敗例と成功例

新規事業のマーケティング・立ち上げには、課題が多い! 特にスタートアップやベンチャーなどの資金や人材のリソースが不足しているフェーズではむしろ、大変なことや課題だらけなのではないでしょうか。 大手でも、新規事業の場合は意外と資金や人材のリソースが割けず、十分な顧客ニーズ検証にリソースが割けないという話をとてもよく耳にします。 そのような、失敗に耐えられるリソースが少ない初期フェーズこそ、適切な顧客ニーズの検証が必要なのです。 続きを読む

【脱・バラマキ広告】自社に合う宣伝方法は?「アンケート型広告」で調査と宣伝を一度に実施!

アンケート型広告

「自社のサービスを宣伝したい!」

そう思ったとき、どのような手法が思い浮かびますか?

Webサイト、プレスリリース、SNS運用、インフルエンサー起用、TVCM、駅・電車内広告、バスラッピング、リスティング広告、バナー広告、SNS広告、YouTube広告、記事広告、アフィリエイト、サイネージ、ポスティング、メール配信…

続きを読む

「先進技術」VS「情操教育」!?これからの時代に活躍する子供を育てるには?意識と実態調査

感情知能

2020年、プログラミング教育が小学校で必修化され、教育におけるITや先進技術への取り組みは重要度を増してきています。関心度が高い親御さんも多いのではないでしょうか。

今回は、教育における親世代の意向と、実際の必須要素を徹底リサーチしました。

急速に発達する先進技術

いうまでもなく、近年、テクノロジーが急速に発達しており、ロボットやAIなどの最先端技術もより身近なものになってきています。

産業用ロボットの世界市場は2012年までの5年間に約60%も上昇、今後も、2025年には約5.3兆円、2035年には約9.7兆円規模になると予測されています。※1

 World Robot Olympiadより引用

 World Robot Olympiadより引用

AI市場規模については、ユーザー支出額ベースで約159億円になったと推定されており、両市場とも今後の成長率は高いことが予測されています。※2

 子供向けのロボット製作大会も開催されており、小学生もロボットを作る時代となっています。小中高校生対象に、ロボットをつくり動かし課題にチャレンジするロボットコンテスト(World Robot Olympiad)は2004年のスタートから、参加人数を伸ばし、世界にも拡大しているということです。

続きを読む