帝国データバンク社が発表した2000年から2019年までの飲食店事業者の倒産件数データから、2000年に入ってからまず和食や食堂の倒産件数が多めに推移し、リーマンショック前後の時期に酒を飲ませる業態の倒産件数が増え、そして2015年以降は西洋料理店の倒産件数が増え始めていることが把握できる。
なぜ、飲食店の倒産が増えているのか?飲食店事業の失敗を防ぐにはどうすればいいのだろうか?
飲食店経営と飲食店マーケティングのプロがポイントについて詳しく解説する。

続きを読む