【メディア掲載・拡散編】戦略的 記事広告・コンテンツ作成のコツと手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「自称」画期的・「自称」魅力的 なだけの主張の多いこと。
これでは、他のプロモーションの中で埋もれてしまうのです。

たとえ、本当に商品が画期的・魅力的であっても、消費者(買い手)まで情報が届かなかったり、その技術や商品の専門家ではないために、上手く価値が伝わらなかったりします。

【40事例 記事・広告 最適化編】戦略的 記事広告・コンテンツ作成のコツと手順では、
買いたいと思わせる/ターゲットに狙った行動を起こしてもらい、プロモーション効果に確実に繋げる内容の作り方について説明しました。

「買いたい」と思わせるコンテンツ制作の戦略とテクニックの掟について、徹底解説いたします!
今回は プレスリリースや記事広告でメディア掲載・拡散を狙う方法です。


STEP8 拡散される要素を盛り込む

長期的な視点で見れば、勿論 検索エンジンからの流入を意識したコンテンツであることが重要ですが、 
個々の施策としてKPI達成効果を狙うためには、拡散を狙えると良い場合も多いです。

いくらお金を払ってもメディアに取り上げられるかは分かりません 。
ではニュースとして企業が取り上げられるには何を抑える必要があるのでしょうか。原則を教えます!


下記の、拡散される・メディアに取り上げられる 4原則を踏まえて、
プレスリリース・記事広告などのコンテンツを切り出しましょう。

拡散される・メディアに取り上げられる 4原則

1 時事性の有無

ニュース性 画期的かどうか。

 

2 日本の経済を象徴した出来事かどうか

影響力や規模が大きい。

 

3  社会の変化の兆し

注目を集めるプレスリリース 社会課題解決の提示がカギです。

4 ストーリーがあるか

前回も触れましたが、
特にストーリー性があるものは視聴率が取りやすくまたメディアの製作者としても腕の見せどころとしてやりがいがあるので特に取り上げられやすくなると言われています。


※因みに・・・訴求のネタ タイプは大きく分けて4つです。
事前に明確化したターゲット課題を払しょくし、狙った行動を促せるものは何か、訴求内容を練りましょう。

1 新商品の発売   
2 実績
3 イベント
4 調査の結果やデータ  

 

 

STEP9 プレスリリース・記事広告の作成と掲載・依頼

プレスリリース作成・掲載時の注意

1 簡潔にまとめる

メディアの担当者は1日に非常に多くのプレスリリースを読んでいます。

さっと見て印象に残るように重要な点を絞り細かな情報まで盛り込みすぎないように注意しましょう。

特にファックスで送る場合はA4用紙1枚で収まるようにしましょう。

2 タイトルの工夫

まず初めに見られるのはタイトルです。

そもそも内容を読み進めてもらえるかどうかはタイトルでの勝負となります。

必ず2行以内できれば1行20文字程度以内で要点が伝わるようにまとめましょう。

 

3 信頼感の醸成

内容の信憑性が伝わらなければ、

真剣に読んでもらうことをましてやメディアに取り上げられてもらうこともできません。

確かな情報の根拠を含めるようにしましょう。

特に中小企業やスタートアップベンチャーなどまだ名前が知られていない企業の場合は会社概要の中に取引先など他の仕入れている名前を入れるように工夫すると良いです。

他のメディアに取り上げられた実績や経営者の活動著書など知名度がない企業の場合でも信頼性を補完する工夫をしてください。

 

4 タイミングを抑える

自治ネタにかぶせられるような季節の変わり目イベントがあるタイミングに沿うネタの場合は、事前にしっかりと準備をしましょう。

テレビ番組などの企画はイベントの3週間ほど前に送るとベストと言われています。

ゴールデンウィークや夏休みなど経済活動や政治の動きが少なくなるタイミングは他のニュース4大型新商品の発表などが少ないため狙い目です。

逆に年末や、年明けなど関連企画や新商品の投入が多い時期はなるべくなら避けた方が良いです。  


5 配信代行業者を活用する

プレスリリースをいろいろなメディアにまとめて送ってくれると言う代行業者があります。

利用料は数万円で1番近い媒体に配信されます。

いくつかのネットニュースでそのまま転載される可能性もあり広範囲に拡散されます。

6 目当てのメディアには直接送付をする

ターゲット層が閲覧視聴している番組や→しっかり調査しピンポイントで直接送付をしましょう。

ウェブサイト等にプレスリリースの送り先を掲載していることもあります。

テレビ番組の場合はテレビ局に電話をすれば教えてくれます。


以上です。少しでも、分かりにくい点や、気になった点があればぜひご連絡ください。


【内容精査編】では、買いたいと思わせる内容の作り方について説明しました。
併せてご参考に!

因みに、私達、まーけっちは、お伝えした戦略・テクニックを全て盛り込んだ上で広告のバナー等クリエイティブのデザイン・プレスリリースや記事広告の制作・制作支援が可能です。お気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちらから。


◆リサーチ×プロモーション独自ノウハウ資料がダウンロードいただけます!

「新規事業を成功させたい!」「商品やサービスを求める人にもっと届けたい」
本気でそう思う方であれば、
ユーザー理解とマーケティング最適化は、必ずお役に立ちます!

定着率UPの秘訣

 

資料DL申し込み

「新規事業を成功させたい!」「商品やサービスを求める人にもっと届けたい」

本気でそう思う方であれば、

ユーザー理解とマーケティング最適化は、必ずお役に立ちます!


資料DL申し込み

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*