リソース(人材・財務)

ぼろぼろの評価から一転! ストアマーケティングでレビュー評価アップ ミイダスの事例

今回は、ユーザー理解・リサーチを活用したアプリマーケティング最適化の秘訣について、
転職支援アプリのミイダスを運営する、ミイダス株式会社の村尾薫和さんにお話を伺いました。

※ミイダスとは?
~あなたの市場価値を見いだす転職サービス~

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。
https://miidas.jp/

対談者紹介

2012年にパーソルキャリア株式会社(旧株式会社インテリジェンス)に入社。
dodaのマーケティング企画の募集企画グループにて、ユーザー集客のためのイベント運営やコンテンツの企画を担当。第4回(2018年)日経BP Marketing Awardsクリエーティブ部門 最優秀賞を受賞。
2018年4月からミイダスのマーケティング責任者に就任。現在はミイダスの法人・個人両方のプロモーションと広報を担当。

氏名
村尾薫和
所属組織
パーソルキャリア株式会社マーケティング担当
ミイダスカンパニー 広報・マーケティング部部長
SNS
Eight
LinkedIn
受賞歴

クリエーティブ部門 最優秀賞
第4回(2018年)日経BP Marketing Awards

続きを読む

Yentaで一番マッチした私とYenta CTOが教えるマッチングのコツ

アトラエ 岡様

私、まーけっち代表取締役山中思温はYentaをかなり活用していたらまさかの

サービス開始以来3年で1番マッチングした人

yenta Award マッチング名人

にYentaから公式に認定され、社内でいじられました。そんな私がマッチングのコツと良い使い方をYentaの開発責任者の岡様と話します。

事業の立ち上げにはノウハウや人的リソースが必要です。
最適なタイミングで必要な仲間が見つかれば、自社のサービスや商品を改良し、成長させてくれる一助となるでしょう。
そこで利用できるのが、ビジネスに特化したビジネスマッチングサービスです。「今、求めている」人やスキルと出会うことができるようになります。

※下記の記事でも、新規事業のニーズ検証の手法・ツールとしてビジネスマッチングサービスをご紹介させていただきました。
実は危ない新規事業のニーズ調査……リサーチで成功に導くには?

今回の記事では、審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」を運営する、株式会社アトラエ CTO の岡利幸様に活用の秘訣について伺いました。

続きを読む

たった1ヵ月で100件超も人脈が広がったビジネスマッチングアプリ「yenta」 事業を加速させる秘訣をCTOに徹底インタビュー(後編)

事業の立ち上げにはノウハウや人的リソースが必要です。
最適なタイミングで必要な仲間が見つかれば、自社のサービスや商品を改良し、成長させてくれる一助となるでしょう。
そこで利用できるのが、ビジネスに特化したビジネスマッチングサービスです。「今、求めている」人やスキルと出会うことができるようになります。

審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」を運営する、株式会社アトラエ CTO の岡利幸様に活用の秘訣について伺いました。本記事は後編です。
※前編はこちら。

続きを読む

■なぜあなたの稟議書は通らない?通る稟議書を書くためのTips5選 

企画書

◆実はよくある課題・・・稟議書が通らない!

ある程度の会社規模になると、物品購入であったり、施策実施の為の予算外の費用計上であったり、
人材の採用などイレギュラーな行動を実施する際に、稟議書(起案書、決裁書)を通す必要が出てきます。
決裁権限者の承認を得る為に稟議書を制作し、回覧に回すのだが、差し戻された経験はないでしょうか?

キチンと書いた稟議書も、事前の準備や書き方で通らない事は多々あります。
そのせいで、事業推進やマーケティング施策の実施が遅れたり、ひどいときには実施ができないことも・・・

そんな辛いケースを避けるため、事前の準備を含め、Tipsを纏めてみました。
使いこなせるとマーケティング関連にかかわらず、業務遂行スピードが格段にUPします!

続きを読む

デジタルマーケティング人材の採用に失敗する、たった2つの理由

今、日本国家全体がデジタルにシフトしようとしています。
政府は、来年2019年10月消費税10%へ増税時には、キャッシュレスで還元率5%をポイント還元するという政策を発表しました。
また、キャッシュレス比率を、現在の20%から2015までに40%へ引き上げ、その後80%が目標値だと言われています。
政府与党では、今年の10月から本格的にペーパーレス電子化へ取り組みがスタートしました。

今後、ますますデジタル業界は加速していくことがよくわかります。同時に、それにともない、企業はデジタル人材、特に、デジタルマーケティング人材の確保が急務となっています。

しかし、その人材はなかなか獲得が難しい現状があります。
それに対して、どのような対策をとるべきか。を詳細に紹介していきます。

続きを読む