アンケート

【例文付き】アンケート回答率/回収率を増やすには?

アンケートに協力してもらう方法とは?

アンケートで直面する最大の課題の1つが、回答率の低さです。
どんなことをすれば、お客様の声をたくさん集められるのか分からない。
アンケートへの協力は任意のことが多いので、回答者が回答しようと思っていただけるようにすることがポイントになります。

どうしたら、リサーチ結果を脅かすバイアスをかけることなく、アンケートへの回答を促すことができるのでしょうか?

続きを読む

【ユーザー調査】顧客満足度だけじゃない?ニーズを掴む失敗しないアンケートの手法とは?

「プロモーションリサーチ」資料

 

顧客満足度(CS)調査やアンケート不要論もある中、なぜ顧客ニーズや顧客満足度を明確化することが大事なのでしょうか?失敗しがちなアンケート・リサーチ設計方法と成功の方法について解説します。

1.脱・不毛なアンケート/ユーザー(顧客)満足度調査!施策最適化のためのポイント


・高まる「ユーザー調査」の必要性(アンケート/ヒアリング/顧客満足度調査)

現在日本では、WEB/アプリ数の急激な増加により、可処分時間の奪い合いが激化し、サービスを認知・利用して貰う難易度も急激に上がっている状況です。
実際に2015年から2017年の日本のアプリダウンロード数は2年で60%増加していますし、2017年の一人当たりの平均所持アプリ数は79個(前年比4個増)と、年々増え続けています。


続きを読む

【新規事業リサーチ手法】実は危ない新規事業のニーズ調査・・マーケティング成功鉄則

新規事業の立ち上げ・マーケティングには、課題が多い! ・・というよりも、寧ろ大変なことや課題だらけなのではないでしょうか。 特にスタートアップやベンチャーなどの資金や人材のリソースが不足しているフェーズでは必見です。大手でも、新規事業の場合は意外と資金や人材のリソースが避けず、十分な顧客ニーズ検証にリソースが割けないという話をとてもよく耳にしますが、そのような、失敗に耐えられるリソースが少ない初期フェーズこそ、適切な顧客ニーズの検証が必要なのです。 続きを読む

【脱・バラマキ広告】自社に合う宣伝方法は?「アンケート型広告」で調査と宣伝を一度に実施!

アンケート型広告

「自社のサービスを宣伝したい!」

そう思ったとき、どのような手法が思い浮かびますか?

Webサイト、プレスリリース、SNS運用、インフルエンサー起用、TVCM、駅・電車内広告、バスラッピング、リスティング広告、バナー広告、SNS広告、YouTube広告、記事広告、アフィリエイト、サイネージ、ポスティング、メール配信…

続きを読む

プロモーションリサーチ会社選定のポイント 主要11社 サービス・料金の徹底比較

プロモーションリサーチの比較
最近、当社ではプロモーションリサーチが、低コストでプロモーション効果が出せ、 さらにリサーチで改善にもつながる!と大好評なのですが、新しくお会いするマーケターや事業責任者様からは 「なにそれ?イメージわかない」といわれることも多いです。笑 広告費を使うだけでアンケートを無料で作成できると思っても、価格が高かったりサービスの内容が詳しくわからないと使いづらいと思います。 続きを読む

プロモーションリサーチとは?成果報酬型がオススメな理由

プロモーションリサーチ

 

「プロモーションリサーチ」とは、主に成果報酬型でアンケートなどの意識調査を行い、その結果で絞り込んだユーザーに宣伝をすることです。

ざっくり言うと、アンケート調査と広告を連携して実施すると、アンケート分ぐらいの費用は無料になる仕組みです。

調査と宣伝を別個に行う場合に比べて、無料または安い費用で高い広告・宣伝効果を得ることが可能。
さらに、同時にプロモーションやサービスについて更なる改善につながるデータの取得ができます。

あまり知られていないこのプロモーションリサーチというサービスについて、徹底解説します!

続きを読む

ぼろぼろの評価から一転! ストアマーケティングでレビュー評価アップ ミイダスの事例

今回は、ユーザー理解・リサーチを活用したアプリマーケティング最適化の秘訣について、
転職支援アプリのミイダスを運営する、ミイダス株式会社の村尾薫和さんにお話を伺いました。

※ミイダスとは?
~あなたの市場価値を見いだす転職サービス~

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。
https://miidas.jp/

対談者紹介

2012年にパーソルキャリア株式会社(旧株式会社インテリジェンス)に入社。
dodaのマーケティング企画の募集企画グループにて、ユーザー集客のためのイベント運営やコンテンツの企画を担当。第4回(2018年)日経BP Marketing Awardsクリエーティブ部門 最優秀賞を受賞。
2018年4月からミイダスのマーケティング責任者に就任。現在はミイダスの法人・個人両方のプロモーションと広報を担当。

氏名
村尾薫和
所属組織
パーソルキャリア株式会社マーケティング担当
ミイダスカンパニー 広報・マーケティング部部長
SNS
Eight
LinkedIn
受賞歴

クリエーティブ部門 最優秀賞
第4回(2018年)日経BP Marketing Awards

続きを読む

マーケティングで圧倒的成果を出すには?(前編) ないがしろにされがちな3C理解が成果を引き上げる!

「思うように成果が出せない・・・会社や上司が評価してくれない!」
そんな、マーケターのボヤキをよくききます。
マーケターが成果を出して、評価されるにはどうすればいいのか?今回は株式会社MOTTO代表の佐藤様にお話を伺いました!

株式会社MOTTO代表の佐藤様のご紹介

株式会社MOTTO 代表取締役 佐藤 基様

株式会社ドリコム、エキサイト株式会社を経て、2011年株式会社ディー・エヌ・エーに入社。入社後は一貫してモバイルビジネスのマーケティングを担当し、特にスマートフォンゲームのマーケティングは黎明期から現在まで約7年間経験。マーケティング部門の責任者を経て、2018年に独立し、株式会社MOTTOを設立。主にモバイルゲームやアプリのマーケティング戦略の立案と実行を支援。

YouTuberを活用したマーケティングは2014年から取り組み、
「逆転オセロニア」を中心にYouTuberタイアップ国内最多の実施本数の経験を保有。

■セミナー登壇事例
・Tokyo Game Show 2016
・Next Marketing Summit 2017 など

続きを読む

「取りあえずグルイン」はダメ!グループ・デプスインタビューの使い分け

最近では、行動データの分析やアンケート調査だけでなく、ユーザーの定性的な声を把握するための「定性調査」のニーズや重要性がますます大きくなってきています。

定性調査では、ユーザーや消費者の、より深いニーズや悩み、意識していないインサイトを探ることができます。
また、検討中の改善施策候補など、クライアント側でも
未決定の部分が多いテーマでも、臨機応変に深堀を行い、きちんとどんな人に何が価値なのかを検証ができます。
そんな中、インタビュー手法の使い分けはとても重要ですが、「とりあえずグループインタビュー!」というケースが多そうです。
実施企業の担当者様から、グループインタビューの相談が来た際に「なぜデプスインタビューではないのですか?」と質問すると特に理由がないことも多いのです。

確かに、デプスインタビューはコスト的な負担も多いので、負担とメリットを踏まえて手法を決定する必要があります。そこで、それぞれのメリットをまとめました。

続きを読む

データマネジメントとオープンデータの活用の仕方

データ活用

ビッグデータという言葉が脚光を集めておりますが
近年のIoTの普及に伴って、扱うべきデータも多様化してきました。

マーケッターにとって、データをどう活用したらいいのか
また、そのデータを扱うために必要な事とは何かについて書いてみたいと思います。

■注目が集まる、データの利活用

今までデータと言えば、SNS、ホームページの閲覧に関するようなウエブマーケティングと呼ばれるもの、
それ以外では自社の売上のデータなどが主でしたが、
近年のIoT機器の普及により、あらゆるものの動き、行動が計測できるようになりました。

マーケッターとしても、不確実性の高いものが数値化され、予測しやすい環境が整いつつあると思います。

しかし、実際にはどうでしょうか。経営者がデータを利用したいと言っても、
そもそも当初は、利活用を考えてデータを集めていないため、使えるデータではないケースも多いようです。

続きを読む