【リサーチで成果大幅UP!】アンケート分析でユーザー実態を掴み、施策を最適化するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロジェクトの新規施策をマーケットに投入するとき、成果を最大化させるためには、マーケットスタイタスに最適化させることが重要です。なぜなら、「的外れ」な施策を打つと成果が上がらないばかりか、逆にブランド価値を下げてしまう可能性もあるからです。

「マーケットに最適化させる」とは具体的に何をすればいいのか。
様々なプランニング手法が存在していますが、大枠でいうと、まず、ブランド、ターゲット、マーケットそれぞれのインサイトを明確化することが重要です。
それぞれの本質を押さえていれば、少なくとも、「的外れ」な施策を回避することができます。

施策が最適化している状態

〇ブランドインサイト
施策を展開する、商品、サービスなどの本質とは何かを顕在化させます。
このブランドは今こういう状態で、それを『この施策によって、この状態にしたい』と目的を明確にします。

〇ターゲットインサイト
このブランドのターゲットプロファイルの確認、そして、このターゲットが今何を考え、何を望んでいるのか、自社ブランドに対してどう思っているのか、などのターゲットインサイトを明確にしていきます。

〇マーケットインサイト
マクロ的に、市場規模は今どのくらいで、今後どのように変化していくのか。また、ミクロでは、この施策の競合には何があるのか、マーケットシェア、競合の実施する施策、などを明確化します。

この3要素の本質を押さえることができると、「今どういう施策を展開すれば、効果が最大化できるか」という大枠が見えてきます。本質3要素が同じ方向だと、施策は最適化していると期待できます。実はまだ開拓されていない「ブルーオーシャン」を見出すのです。また、レッドオーシャンでの戦い方の方向性も見えてきます。

これが、「マーケティングの力」です。

今回は、この3要素の中の、「ターゲットインサイト」の調査に関して詳細に解説していきます。

アンケート分析でユーザー調査の必要性と問題点

ユーザーニーズの多様化

1990年代後半からの所謂IT革命によって、爆発的に情報化社会が進行し、今や、「人間」としての処理能力をはるかに超える情報があふれています。
その背景もあり、それまでの画一化された情報社会から、人々は様々な情報に簡単にアクセスでき、かつ自らも発信できる時代となりました。
それにともない、生活者のニーズは多様化、複雑化し、また移ろいやすくなっているのが現状です。

サービスの飽和による競争激化

当然、そのニーズに応えようとする多種多様なサービスも群雄割拠の競争激化の状態です。日々高度化されていくデジタルテクノロジーを活用し、スピード感をもったサービスが高品質、低価格で提供されています。

しかし一方で、サービス情報があふれかえり、利用しようとするユーザーもどれを選んでいいのかよくわからない。という状態が同時に生まれています。 では、「何をユーザーに向けて訴求すればユーザーのココロをつかむことができるか。」が重要なポイントになっています。

ゆえに、現代のこのようなマーケットで競合に勝つためには、この情報の波に流されずに、「ターゲットが何を考えているのか」の本質を綿密にリサーチすること。
これが施策最適化には必須です。

リサーチ人材不足とリサーチコスト

では、「アンケートでもとればいいだろ。」と思われると思います。しかし、このユーザーニーズが多様化し、複雑化している現代では、ただアンケートリサーチをすればいいのではなく、「どのようなアンケートリサーチをすべきか。その調査票の内容はどういう設計にすれば、本質をあぶりだせるか。」というリサーチスキル、テクニックが必須です。

しかし、マーケティングリサーチの世界でも、この加速度的に高度化する情報化社会に生きている生活者の本質を的確にリサーチできる人材の育成が、情報化のスピードに追い付いていないが現実です。そのようなリサーチスペシャリスト人材が不足している状態ですので、需要と供給のバランスで、高品質なリサーチコストが高騰していることも現実です。

アンケート分析を有効活用するためのポイント

しかし、いざアンケートを実施して結果がでても、「結果が良かった、悪かった」などの表面的な結果数字に一喜一憂し、肝心の施策に活用できていないというケースが多くみられます。
それでは宝の持ち腐れです。有効活用するためのポイントをお伝えします。

目的は意思決定

まず、リサーチをする目的を明確化することが大切です。
リサーチで得られた結果を施策にどう活かすか。方向性はマッチしているか、それとも修正すべきか、あるいは、施策を断念する決断が必要かもしれません。
施策実行の意思決定の材料にすることが目的です。

適切なタイミングでスピーディーに実施

今の生活者は気が移ろいやすい傾向があります。聞きたいことを、どのタイミングで聞くべきか。
社会・経済情勢、法改正や制度変更、競合の動きなどを加味して、「今その瞬間」を切り取るようなスピーディーに実施することが大切です。

アンケート分析でわかるのは意識、観察データ

十分に検討して設計した調査票から得られた結果のローデータを、どのように分析していくか。
クロス集計などを駆使して、観察データからアンケート対象者の意識を浮かび上がらせます。

ユーザーファネルごとの仮説の設定

アンケート分析から得られた結果を、いわゆるAIDMAモデルから発展した、AISAS、AISCEASのような生活者心理変化のフローの各ファネル分析を通して、各段階において、何をすべきかの仮設を導き出します。

どのデータから何を読み取るのか

アンケート結果から何が読み取れるのか。
これも分析視点のテクニックが要ります。漠然と結果データを眺めていたら、良いか悪いかぐらいしかわかりません。
上記のような分析を通して、各データから何が読み取れるのかを意識的に行うことが重要です。分析手法、切り口によって、「なるほど!そういうことがわかるのか!」という発見があります。

アンケート分析で施策の優先度を決める

アンケート調査の目的は、施策の意思決定です。
分析によって判明した結果を的確に施策に反映させていきます。
だたし、結果をすべて施策に反映すべき場合と、段階的に反映させたほうが効果的な場合があります。
分析結果を基に、戦略的に施策を改善させていくことが重要です。

施策の優先度付け

調査結果においてターゲットのユーザー属性やファネル分析によって、どの部分を先に施策に反映させるべきかが見えてきます。
ファネルの各ステイタス、シーズナリティ、投下できる予算などに応じて、その優先順位をつけていきます。5W3Hで整理するとまとめやすくなります。

施策結果のフィードバック

施策を実施したら、その実施結果を必ずフィードバックします。
いわゆるPDCAのC(CHECK)です。

継続的な調査分析で効果が見える

そして、PDCAのA(ACTION)、次のACTIONのための「施策の改善」をしていきます。そしてその実施結果をさらにフィードバックして改善していく。といった継続的な改善活動によって、マーケットへの施策最適化をしていくことにより、施策全体の効果が見えてきます。

アンケートデータで説得力のある提案書を作成する

アンケート調査は、意思決定の手段です。
調査結果をまとめたら、
「マーケット、ターゲットはこう思っている。だから、この施策はこのようにすると最適化し、効果の最大化が見込める。」 という提案書が完成します。
この提案は、あなた個人の意見ではなく、「ターゲット全体からの提案」に変身するのです。

専門性の高い人材や高い外注コストは不要

リサーチスペシャリスト人材は不足していると申し上げました。
0からリサーチ内容を設計するには、専門性が高い人材が必要で高い外注コストが発生してしまいます。しかし、そのスペシャリストが設計したWEBアンケートリサーチであれば、高度なリサーチモデルが確立している汎用性があるサービス商品として利用することが可能です。

いつでもスピーディーに調査実施

当社で提供している「まーけっち」というリサーチとプロモーションの支援サービスがあります。

「まーけっち」は簡単に、かついつでもスピーディーに調査実施が可能なサービスです。
「まーけっち」の特徴は、13年にも渡る長い運営実績のなかにそのような質の高い調査設計のノウハウが蓄積しており、アクティブユーザー170万人(提携企業含めると700万人のユーザーネットワーク)を活用しさまざまな条件からターゲットとなり得る対象者を絞り込み、調査を実施することが可能です。

調査業界ナンバーワンシェアのリサーチツールを活用できる為、コストパフォーマンスが良い

しかも、「まーけっち」は、関連会社の調査専用システムを活用可能。
店舗の棚を模擬購買、商品画像の3D提示、クリエイティブの直感的な調査など、

必要な機能を必要な分だけ利用できるサービス形態になっているので品質は勿論、コストパフォーマンスに優れています。
そのため、専門性の高い人材や高い外注コストが必要なく、

高いクオリティでしかも低価格なアンケート調査分析を実施することができます。

 

多種多様な調査目的に対応可能な高度なアンケート画面も自由自在

カスタマイズ調査画面

 

まとめ

施策をマーケットに投入する前に、マーケットリサーチをしたいと思っても、なかなかそこまで手が回らないし、そもそもどうやっていいのかわからない。という企業担当者がほとんどだと思います。
リサーチ会社を検索しても、たくさんの会社の名前が………。

まずリサーチの目的を明確にし、多様化複雑化する移り気なターゲットの本質を確実にとらえることが重要です。そのようなときは、専門家に相談したほうが、早くて確実です。
質の高いリサーチモデルが蓄積された「まーけっち」は、簡単にスピーディーに、そしてコストパフォーマンスに優れたアンケート調査・分析が実施できるサービスです。
是非、ご相談ください!

 

◆著者プロフィール

山中思温株式会社まーけっち 代表取締役社長

マーケティングリサーチのシステムとデータの提案営業を経験後、 最年少で事業部を立ち上げ、
アンケートアプリの、若年層国内ナンバーワンを達成。
リサーチの重要性と併せて、コストや施策への活用の課題を痛感し、中小・スタートアップでも
リサーチやマーケティング施策の最適化をより手軽に利用できるようにする為、
リサーチ×マーケティング支援事業の”株式会社まーけっち”を創業。

 

「新規事業を成功させたい!」「商品やサービスを求める人にもっと届けたい」
本気でそう思う方であれば、
ユーザー理解とマーケティング最適化は、必ずお役に立ちます!

定着率UPの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*