【初心者向け】WEBで集客する方法とは?|SEO対策,SNS,リスティング広告など6つの手法を詳しく解説

【初心者向け】WEBで集客する方法とは?|パターン別にご紹介

皆さんの中には「サービスや商品に対する認知が中々上がらない…」という悩みを抱える方はいませんか。

 

認知を上げるために街頭でビラ配りをしたり、飛び込みで営業をしに行くのも簡単な話ではありません。

 

そこで、世の中の人に簡単に認知を広められる方法があったら便利ですよね。

 

本記事では、デジタルマーケティングの1つである「WEB集客」についての基礎知識を解説していきます。

 

WEB集客についての知識を深めることで、自社のサービスの認知を今よりも格段に広げることができるでしょう。

 

この記事でわかることは、次の3つです。 

①WEB集客の基礎知識 

②WEB集客のメリットとデメリット 

③効果的にWEB集客する方法 

 

まず初めに、WEB集客の基礎知識からみていきましょう!


我々まーけっちでは

どうやってWEB集客をすれば良いかわからない」と思うあなたの悩みを解決させていただきます!

 

詳細が気になる方はこちらまで!

 

WEB集客は大きく分けて3つのパターンに分かれる

WEB集客は大きく分けると3つのパターンに分かれます。

 

  1. ①無料集客
  2. ②有料集客
  3. ③外部サービスを利用した集客

 

初心者の方にも理解がしやすいように、簡単な言葉で3つのパターンに分けてみました。

 

①無料集客

無料集客とは、言葉の通りにWEBで集客をする際の費用が掛からない手法のことです。

 

例としては、SEO対策やSNSでの発信などがあります。

 

初期費用がかからないため、誰でもすぐに始めることができますが、ある程度デジタルマーケティングの知識がないと成果を出すことが難しいでしょう。

 

もし、SEO対策などで成功することができれば、あとは自動的に顧客への認知が広がることになるため、自分で営業活動などを行わなくても収益化をすることが可能です。

 

また、費用がかからないため、広告をどれだけ出しても利益を上げることができることも大きなメリットですね。

 

②有料集客

有料集客とは、お金を支払ってユーザーの認知を増やしやすい場所に自社のコンテンツを表示する手法のことです。

 

有名な有料集客で言うと、「リスティング広告」や「SNS広告」などがあります。

 

有料集客を行うメリットは、お金を払うことで早く成果を上げられることです。仮にSEO対策を行なってWEB集客を行う場合は、数ヶ月単位で時間がかかることがほとんどになってしまいます。

 

しかし、広告にお金をかけるだけで、最短1日で狙ったユーザーからの認知を得ることができます。

 

特に、SNS広告によるユーザーアプローチはユーザー間の口コミ効果も狙えるため、無料集客よりもユーザーへのリーチが大きいと言えるでしょう。

 

③外部サービスを利用した集客

最後に、外部サービスを利用した集客についてです。

 

広告に利用できる外部サービスは様々な種類があります。本記事では、ユーザーへのリーチが大きい「インフルエンサーを利用した広告」と「記事広告」を解説していきます。

 

インフルエンサーを利用した広告については、「Youtuber」を想像してもらえると理解しやすいでしょう。

 

ある程度認知があり、世の中への影響力が高い人に商品を紹介してもらうことで、自社のサービスの認知を上げる手法のことです。

 

純粋なWEB広告よりもユーザーへ与えるインパクトが大きいため、認知の先の成果に繋がりやすいと言われています。

 

詳しいことについては、「有料のWEB集客の種類」の項で解説します。

 

無料のWEB集客の種類

この項では、無料のWEB集客の種類について詳しく掘り下げていきます。

 

無料のWEB集客は2種類あり、「SEO対策」と「SNS発信」です。

 

それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

 

SEO対策

SEO対策とは、簡単に言えば「検索エンジンでの上位表示を狙うためにコンテンツ改善を行うこと」です。

 

その際に大切なことは、ユーザーが何を求めているのかを考慮した上で視覚的にわかりやすいコンテンツ作成を行うことになります。

 

例えば、不動産関連のメディアを立ち上げるとします。その際には、難しい言葉を簡単に噛み砕いて説明をすることを心がけ、図解などの視覚的に理解しやすい表現方法を使うなどの施策を凝らすことが大切です。

 

SEO対策に正解はなく、常にユーザーからは何を求められているのかを考え続けることがポイントになります。

 

SNS発信

SNS発信とは、TwitterやFacebook、InstagramやYoutubeなどのプラットフォームを用いて情報発信をする手法です。

 

SEO対策による集客と比較すると、SNSのフォロワー数が少ないとユーザーへの認知を広げにくいため、長期的な視野を持ってアカウントの運用をしていく必要があります。

 

 

SNS発信による集客を行うメリットは、ユーザーの口コミ拡散効果が狙えることです。例えば、Twitterの投稿が何百リツイートもされた場合には、その投稿を見たユーザーによる二次拡散効果が考えられます。

 

また、SNS発信ではただただ更新を続けるだけではなかなかフォロワーを増やすこともできないため、世の中のトレンドを知ったり、ユーザーウケの良い内容を考えて発信することが大切です。

 

長期的な目で試行錯誤が必要になる手法でしょう。

 

有料のWEB集客の種類

この項では、有料集客の種類について詳しく掘り下げていきます。

 

有料集客の中でも有名な「リスティング広告」と「SNS広告」について取り上げます。

 

それでは1つずつみていきましょう!

 

リスティング広告

リスティング広告とは、大きく分けて2種類に分かれます。

 

  1. 検索連動型広告
  2. ディスプレイ広告

 

1.検索連動型広告

1つ目は、検索連動型広告」と呼ばれる検索エンジンの上部と下部に表示されるテキストの広告です。

 

この検索広告は、指定したキーワードを検索した人に自社のテキスト広告を表示させる手法になります。

 

例えば、東京にある家電量販店が広告を出稿する場合は、「東京 家電量販店」「東京 冷蔵庫 格安」などのキーワードで検索することで見込み需要を考えられるユーザーにアプローチできそうですね。

 

2.ディスプレイ広告

2つ目は、ディスプレイ広告」と呼ばれるポータルサイトのトップページなどに表示される画像や動画の広告です。

 

検索連動型広告と異なり、ディスプレイ広告は画像や動画でのアプローチが可能なので、自社のサービスをよく知らない人に対しても視覚的にわかりやすく訴求することができます。

 

ディスプレイ広告の方が、広告の掲載場所の幅が大きく、表現の幅も大きいため、幅広い層のユーザーに自社のサービスを認知を広げられることを覚えておきましょう。

 

SNS広告

SNS広告とは、無料集客で紹介したTwitterやFacebookなどのプラットフォームに純粋な広告として表示をさせることを言います。

 

SNSには、TwitterやInstagramは比較的若年層のユーザーが多く、Facebookは社会人が多いなどの特徴があります。それらのプラットフォームごとの特徴を理解してから広告を出稿する媒体を決めるようにすると良いでしょう。

 

特にTwitter広告では、実際にツイートした言葉を指定して、その言葉を呟いたユーザーにターゲットを絞り、広告を表示させることも可能です。

 

例えば、「肌荒れ」「乾燥肌」などの言葉をツイートしている人をターゲティングして、そのユーザーにスキンケア商品の広告を配信することができたりします。

 

また、ユーザーによる二次拡散効果も狙いやすいため、積極的に狙っていきたいですね。

 

外部サービスを利用したWEB集客

最後に、外部サービスを利用したWEB集客を掘り下げていきましょう。

 

外部サービスの中にも様々なものがありますが、「インフルエンサー利用」と「記事広告」について詳しくみていきます。

 

インフルエンサーを利用する

インフルエンサーとは、簡単に「Youtuber」をイメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。

 

インスタグラマーなどもそうですが、主にSNSで多くのファンを持っている人たちのことを言います。

 

有名なインフルエンサーであると「はじめしゃちょー」や「HIKAKIN」など、その影響力は芸能人をも超えると言われています。

 

このようなインフルエンサーの方々に自社のサービスやプロダクトを紹介してもらうことで、認知を広げる手法です。

 

実際には無料で対応して頂ける場合と、実際に料金を支払ってPRして頂く場合などで、インフルエンサーによって対応は異なります。実際にインフルエンサーを利用した場合は、広告代理店を経由することをおすすめします。

 

記事広告

記事広告とは、多くのユーザーが訪れるサイトから広告枠を貰い、バナー・テキストなどで広告を配信してもらうことを言います。

 

最近では、記事の中に「広告っぽくない広告」を挿入することで、広告を好まないユーザーにもアプローチすることを可能にしています。

 

広告を出稿する際にメディアを訪問するユーザーの特徴を把握してから、広告を出すメディアを選ぶことで、メディアがリーチしてるユーザー層とマッチする広告を配信することが大切になります。

 

広告配信自体は非常に簡単に行えるため、新規顧客開拓に記事広告はぴったしの手法ではないでしょうか。

 

WEB集客のメリットとデメリット

ここまでで、WEB集客の種類と手法についてご紹介してきました。

 

認知を向上させるための集客を行う上で、非常に魅力的に見えるWEB集客ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

WEB集客のメリット

WEB集客のメリットは大きく分けて3つあります。

 

  1. ①実店舗を持たずともインターネットを通じて認知を広げられる
  2. ②ユーザーのターゲティグが可能
  3. ③効果測定が可能

 

では、1つずつみていきましょう!

 

①実店舗を持たずともインターネットを通じて認知を広げられる

WEB集客の大きなメリットは「実店舗を持つ必要がない」ところです。

 

実店舗を持つ必要がないため、土地代や施設管理費などの雑費を支払う必要はありません。その上、インターネット上のアプローチにより、普段よりも格段に広範囲の中から集客を行えます。

 

WEB集客を行うことで、高品質なサービスを低価格帯で提供可能になります。

 

②ユーザーのターゲティングが可能

WEB集客を行うことで、「集客したいユーザーのターゲティング」が可能になります。

 

例えば、「新しく高校生向けの学習サービスを作り上げたから高校生の認知が欲しい」という場合でも、Twitter広告などでターゲティングをすることで、ピンポイントに高校生の認知を広げることができます。

 

細かなターゲティングをするほど、相対的に広告費用は安くなるため、確固たるユーザーのターゲット像があるほどWEB集客は有利になりますね。

 

③効果測定が可能

WEB集客が費用対効果が良いと言われる所以として、「効果測定が可能」という特徴があります。

 

テレビCMや街頭の看板などを通じて商品購入に繋がった人は、なかなか効果を測定することが難しいです。

 

しかし、WEB広告であれば、「この広告を何人が見て、その中の何人が購入まで結びついた」ということがデータとして見えるようになります。

 

そのため、効果があまり出ていない広告はすぐに廃止して、効果の出ている広告に注力するといったような方針転換もしやすいです。

 

WEB集客は結果が目で見える点がメリットと言えるでしょう。

 

WEB集客のデメリット

WEB集客のデメリットは大きく分けて3つあります。

 

  1. ①競合が多い
  2. ②集客後のユーザーフォローに手間がかかる
  3. ③専門知識が必要

 

では、1つずつみていきましょう!

 

①競合が多い

WEB集客では、誰でもやる気さえあれば集客ができてしまうため、競合が多いです。

 

特に、2021年現在ではテレビや雑誌などの広告よりもWEBの広告費用の方が上回るほど、WEB広告市場は膨れ上がっています。

 

同じ商品やサービスを売るにしても、いかにして競合他社との差別化を測るかどうかが大切になってくるでしょう。

 

②集客後のユーザーフォローに手間がかかる

WEB集客で集客した後に、そのユーザーに対して何もアクションを起こさないとすぐにユーザーは自社のサービスから離れてしまうでしょう。

 

絶え間なくコンテンツ改善を行い、ユーザーが競合他社に奪われてしまわないように、フォローを行う必要があります。

 

その点を考えると、WEB集客はコツコツ仕事をすることができる方に向いていると言えるでしょう。

 

③専門知識が必要

WEB集客を行うためには、特に無料集客には専門知識が必要になります。

 

基礎的なWEB集客の知識を知らずに闇雲に集客を行なっても、なかなか成果には結びつかないでしょう。

 

頼れる専門家を頼るか、自分でWEB集客の専門知識を勉強するようにしましょう。

 

WEB集客で成功する3つのコツ

最後に、「WEB集客をするなら成功したい」と思う方がほとんどだと思うので、WEB集客で成功するコツをご紹介します。

 

WEB集客で成功するためのコツは大きく分けて3つあります。

 

  1. ①なぜWEB集客をするのかを考える
  2. ②ターゲットを絞る
  3. ③ターゲットに合わせた施策を練る

 

それぞれ詳しくみていきましょう!

 

①なぜWEB集客をするのかを考える

まず初めに「WEB集客をなんのためにするのか?」をきちんと明確にしましょう。

 

WEB集客は目的に沿った施策を考えることが醍醐味なマーケティング手法なので、目的が曖昧なままでは成功しません。

 

もちろん、集客をする以上は売り上げ向上を狙うと思いますが、目的はそれだけではないでしょう。

 

もし仮に、商品をPRするためのTwitterのアカウントがあり、そのフォロワー数が伸び悩んで困っている場合は、「Twitterのフォロワーを増やすこと」がWEB集客の目的になるはずです。

 

短絡的に売り上げ向上を目的にするのではなくて、「売り上げ向上のためには何が必要か?」まで考えてから目的を明確にするようにしましょう。

 

②ターゲットを絞る

目的を決めた後は、「どのようなユーザーを集客したいのか」というターゲットを絞るステップに入りましょう。

 

商品に対するターゲットの設定方法に悩む場合は、顧客化する見込みが高そうな人を優先するのがおすすめです。

 

ただ単純に商品やサービスに関心を示している人よりも、購買に向けて行動をする人の方が成果に繋がる見込みが高いでしょう。

 

そして、ターゲットは名前や性格を考えてしまうほど作り込むことが大切です。これを「ペルソナ分析」と言います。

 

ペルソナ分析とは、そのサービスを利用しそうな人の特徴を考えて文字ベースで落とし込むことです。細かくターゲティングをすることで広告効果の最大化ができるでしょう。

 

③ターゲットに合わせた施策を練る

ターゲットを設定した後は、そのターゲットに対してモノやサービスを売るための戦略を考えることが大切です。

 

効果的な施策を考えるためには、「そのターゲットの気持ちを知る」ことから始めましょう。

 

もしそのターゲットの気持ちがあまりわからない場合は、身近な人や周囲の人間でそのターゲットの属性と近しい人にインタビューをするのも良いですね。

 

そして、より自社の強みを生かすためには、競合他社の分析や時代のトレンドを知ることも重要になります。

 

明確なターゲットを設定することで、効果的な施策を考えることができるでしょう。

 

WEB集客に悩むならまーけっちに相談しよう!

本記事では、WEB集客の方法について解説をしてきました。

 

 

WEB集客は認知度を上げることにおいて非常に効果的な手法ですが、専門知識が必要なる点が難点です。

 

あなたは次のような悩みを抱えていませんか?

 

  • インターネットで集客をしたいけど思うようにいかない。
  • 誰にどんな相談をすればいいかわからない。1からやってほしい。
  • 他社のサイトのように良いものが上手に作れない

 

その悩み、まーけっちが解決します!

 

この度ペライチとまーけっちが共同であなたのWEB集客と販促まで一括支援するサービスを始めました。

 

「パソコンが得意じゃない」「マーケティングとか全くわからない」それでも大丈夫!

 

我々まーけっちが最低3,000人のアンケートリサーチを保証します。リサーチとブランディングの強みを生かして、貴社のサービスを戦略的にマーケティングさせていただきます!

 

簡単にサイトを構築するだけではなくて、売れる仕組みを作り出すところまで徹底的にコンサルティングします。

 

どうやってWEB集客をすれば良いかわからない」と思うあなたの悩みを解決!

 

「ペライチ×まーけっち」のサービス詳細はこちら

 

◆代表プロフィール



株式会社まーけっち 代表取締役社長 山中思温

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 山中思温12-217x300.jpg
 
 

マーケティングリサーチのプラットフォームの企業で、 最年少で事業部を立ち上げ、広告予算ほぼゼロで、国内トップの実績を達成。


中小・スタートアップ企業のマーケティングに関する構造的課題を痛感し、それを解決するため、株式会社まーけっちを創業。大手企業・国家機関・スタートアップなど100社以上の戦略支援を行い、コミットと売り上げ貢献成果に定評がある。上智大学外国語学部卒。




◎副業・フリーランス登録のご相談もお待ちしています!

◎FACEBOOK
 ◎Twitter

ーー

マーケ屋必見!!最強リサーチテンプレート&ノウハウを無料プレゼント!