フリーランス向けマッチングサービスおすすめ14選|利用時のポイントを解説

「フリーランスのマッチングサービスにはどのようなものがあるのか知りたい。」

「フリーランスがマッチングサービスで仕事を取るために何が必要かを知りたい。」

あなたはこのような悩みを抱えてはいませんか?

 

フリーランスのマッチングサービスは非常に多く、ライフスタイルや職種によって適したサービスも異なります。

 

本記事では、フリーランス向けマッチングサービス14選と仕事を取るために必要なポイントや注意点について解説。

 

自分に合ったフリーランス向けマッチングサービスを活用し、希望の案件を効率的に探していきましょう!

 

フリーランス向けマッチングサービスおすすめ14選

パソコン

 

早速、フリーランス向けマッチングサービス14選を紹介していきます。

 

マッチングサービスを選ぶ時に大切なのは、それぞれが持つ特色を理解した上で使うサービスを決めること。

 

今回ご紹介するサービスを全てチェックした上で、あなたに適したプラットフォームを探していきましょう。

 

1.「CrowdWorks(クラウドワークス)」

CrowdWorks

 

CrowdWorks(クラウドワークス)は国内最大級の豊富な案件数を誇るマッチングサービスです。

 

CrowdWorksには多くの仕事カテゴリーがあるので、マッチした仕事を見つけることも簡単。

 

CrowdWorksで募集されている主な案件としては以下ジャンルが挙げられます。

 

  • 開発
  • デザイン
  • マーケティング
  • ライティング
  • 動画編集
  • 資料作成
  • 営業代行
  • データ入力

 

上記のようにCrowdWorksでは、ビジネスに関わる仕事のほとんどが受注可能です。

 

仕事を応募してから報酬の支払いまで、クライアントとの一貫したコミュニケーションをすべてCrowdWorks上で行えることも嬉しい点。

 

評価制度もあるので、誠実に仕事を行っていれば、どんどん新しい仕事を受注することが可能です。

 

CrowdWorks(クラウドワークス)の公式サイトはこちら

 

2.「Lancers(ランサーズ)」

Lancers

Lancers(ランサーズ)も国内最大級のマッチングサービスで、豊富な案件数を誇っています。

 

Lancersから派生した常駐業務委託のマッチングサービスもあり、様々な働き方に応じたクライアントと出会うことができます。

 

Lancersで取れる主な案件は以下。

 

  • 開発
  • デザイン
  • マーケティング
  • ライティング
  • 動画編集
  • 資料作成
  • 営業代行
  • データ入力

 

Lancersでも大半のジャンルの仕事を受注可能です。

 

実績を積み上げると「認定ランサー」となることができ、企業から直接依頼されるほどの信頼を得られます。

 

Lancers(ランサーズ)の公式サイトはこちら

 

3.「CODEAL(コデアル)」

CODEAL

CODEAL(コデアル)は副業特化のサービスから始まったマッチングプラットフォームです。

 

現在では業務委託や社員の求人もおこなっており、社員契約を結ぶ方の割合は利用者全体の6割にも。

 

CODEALでは以下ジャンルの案件が多く募集されています。

 

  • 開発
  • デザイン
  • マーケティング

 

CODEALでは、エンジニア・デザイナー・マーケターの仕事が全体の85%を占めています。

 

また、企業側と直接契約を結べるので、仲介手数料を取られることがありません。

 

IT系の職種でしっかりと働きたい人には、CODEALはうってつけのサービスでしょう。

 

CODEAL(コデアル)の公式サイトはこちら

 

4.「SOKUDAN(ソクダン)」

SOKUDAN

SOKUDAN(ソクダン)は仲介なしで発注者と取引できる「業務委託形式のマッチングサービス」です。

 

発注者と直接コミュニケーションを取れ、仲介手数料もかかりません。

 

SOKUDANで取れる主な案件

  • デザイン
  • マーケティング
  • ライティング
  • 営業代行
  • 人事

 

直接のコミュニケーションでスムーズに仕事を受注したい人におすすめのサービスです。

 

SOKUDAN(ソクダン)の公式サイトはこちら

 

5.「WorkShip(ワークシップ)」

 

Workship

WorkShip(ワークシップ)は案件ごとに柔軟な働き方が可能なマッチングサービスです。

 

WorkShipでは週5の案件から週1の案件まで、労働時間を柔軟に選ぶことができます。

 

WorkShipで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • マーケティング
  • ライティング
  • 営業
  • 人事

 

単価も比較的高めなので、柔軟な労働条件でライフスタイルを確立させたい人にはオススメのサービスです。

 

WorkShip(ワークシップ)の公式サイトはこちら

 

6.「Craudia(クラウディア)」

Craudia

Craudia(クラウディア)は業界最低水準の手数料で提供されているマッチングサービスです。

 

Craudiaでも多くの案件が存在するので、あなたにあった案件が見つかるでしょう。

 

Craudiaで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • ライティング
  • 軽作業

 

エンジニアのような専門的な仕事以外にも軽作業の案件もあります。

 

そのため、専門的なスキルがない人でも副業としてお仕事可能です。

 

Craudia(クラウディア)の公式サイトはこちら

 

7.「発注ナビ」

発注ナビ

発注ナビはシステム開発に特化したマッチングサービスです。

 

エンジニアでシステムの開発ができる人のみが有効活用できます。

 

発注ナビで取れる案件

  • システム開発(エンジニア)

 

発注ナビはシステム開発に特化したサービスであることから、全国のシステム開発・制作会社が集まっています。

 

経歴等のヒアリングを行った後は、ITコンシェルジュが案件を紹介し、マッチングするという形式です。

 

エンジニアとしてガッツリと働く案件を探す人におすすめできます。

 

発注ナビの公式サイトはこちら

 

8.「NINJA WORK(ニンジャワーク)」

NINJA WORK

NINJA WORKは仲介手数料無料のマッチングサービス

 

NINJA WORKの特徴としては、専門的なスキルをあまり必要としない案件が多く集まっていることが挙げられます。

 

NINJA WORKで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • ライティング
  • ネーミング
  • 翻訳
  • 簡単作業
  • 写真

 

NINJA WORKではネーミングや簡単作業といった特別なスキルのいらない仕事も多くあります。

 

そのため、時間のあまりとれない方やスキルをまだ身に付けていない人におすすめです。

 

NINJA WORK(ニンジャワーク)の公式サイトはこちら

 

9.「_ist(イスト)」

_ist

_ist(イスト)は手数料が最安水準のマッチングサービスです。

 

_istで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • マーケティング

 

手数料が最安水準の_istですが、2021年3月31日まで手数料が安くなるキャンペーンをおこなっています。

 

これから在宅で副業を始める方には_istがおすすめです。

 

_ist(イスト)の公式サイトはこちら

 

10.「Wantedly(ウォンテッドリー)」

Wantedly

Wantedly(ウォンテッドリー)は主に転職サイトとして使われるサービスです。

 

転職サイトとしての顔を持ちつつも、フリーランスとしての案件を見つけることができます。

 

Wantedlyで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • マーケティング
  • コンサルティング

 

Wantedlyで取れる案件は業務委託形式のものが多く、採用担当者とすぐにコンタクトを取れます。

 

IT系の職種だけでなく、企業のコンサルティングなどのお仕事も受注可能です。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)の公式サイトはこちら

 

11.「ココナラ」

ココナラ

ココナラは自分のスキルを商品として出品し、企業側がスキルに応じてコンタクトをとっていくマッチングサービスです。

 

ココナラで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • ライティング
  • 翻訳
  • 美容関係

 

ココナラと他のマッチングサービスで違う点は、営業をする必要がないこと。

 

自分のスキルを出品し、そのスキルを必要とする人がいれば、自動的にマッチングするので、営業の必要がありません。

 

営業で案件を取ってくることに苦手意識を持っている人にはおすすめです。

 

ココナラの公式サイトはこちら

 

12.「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、エンジニアやデザイナーに特化したマッチングサービスです。

 

基本的にレバテックフリーランスで取れる案件は企業での常駐案件となります。

 

レバテックフリーランスで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン

 

レバテックフリーランスでは、エージェントが常に案件の紹介をしてくれるので、仕事がなくなる心配がありません。

 

エンジニアやデザイナーとして仕事を取っていきたい人におすすめのサービスです。

 

レバテックフリーランスの公式サイトはこちら

 

13.「エミリーエンジニア」

エミリーエンジニア

エミリーエンジニアは名前の通り、エンジニアに特化したマッチングサービスです。

 

エミリーエンジニアには、他のサービスにはないほどの高単価案件(月額80万円程度)が揃っています。

 

エミリーエンジニアで取れる主な案件

  • エンジニア

 

補償制度や健康診断の提供といったバックアップサポートも充実しています。

 

エンジニアとして高年収を叶えたい人におすすめのサービスです。

 

エミリーエンジニアの公式サイトはこちら

 

14.「IT PRO パートナーズ」

IT PROパートナーズ

IT PRO パートナーズはエンジニアやデザイナー、マーケターに特化したマッチングサービスです。

 

職種特化型のマッチングサービスでは珍しく、週2,3日程度の案件が多いのが特徴となっています。

 

IT PRO パートナーズで取れる主な案件

  • エンジニア
  • デザイン
  • マーケティング

 

副業としてIT系の職種にチャレンジしたいという人にはおすすめのサービスです。

 

IT PRO パートナーズの公式サイトはこちら

 

フリーランスが良い案件と巡り合うためのコツ

パソコンを使って仕事

基本的にフリーランスの仕事は、マッチングサービスに登録するだけでは獲得できません。

 

企業側にあなたと仕事したいと思ってもらう必要があるのです。

 

また、フリーランスはどのような案件を取るかによって、日々の満足度やその後の将来が大きく変わってきます。

 

ここでは、フリーランスの仕事の1つである案件探しにおけるポイントとマッチングサービス利用時の注意点を解説していきます。

 

フリーランス向けマッチングサービスで案件を取るためのポイント

フリーランス向けマッチングサービスで案件を取るためのポイント

 

企業側にあなたと仕事したいと思ってもらうには、どうすればよいのでしょうか。

 

フリーランス向けマッチングサービスで案件を取るために必要なポイントを解説していきます。

 

案件を取るためのポイントは以下の3つです。

  1. ポートフォリオを充実させる
  2. いきなり高単価を目指さない
  3. とにかく営業を粘り強く続ける

 

これらのポイントを抑えれば、案件獲得率が格段に上がります。

 

ポートフォリオを充実させる

 

案件を取るためのポイント1つ目は、ポートフォリオを充実させることです。

 

ポートフォリオとは、自分の作った成果物を集めたもので、今までの実績として提示できます。

 

エンジニアの人なら制作したサイトやアプリ、デザイナーであればデザインしたサイトなどをポートフォリオとしてまとめるべきです。

 

ポートフォリオを充実させることによって、あなたがどこまでの業務が可能かを発注者に伝えることができます。

 

今までの実績があるのであれば、必ずポートフォリオを準備しましょう。

 

いきなり高単価を目指さない

 

案件を取るためのポイント2つ目は、いきなり高単価を目指さないことです。

 

高単価の案件はもちろん競争率が高いので、案件の獲得が難しくなります。

 

特に、フリーランスとして活動し始めた頃は実績もあまり多くないです。

 

その状況で競争率の高い高単価案件ばかりを狙っていると、仕事を取れない期間が長く続く可能性があります。

 

実績があまりないうちは、低単価の案件で確実に仕事を取っていくのが良いでしょう。

 

人によっては、あえて低単価で受注可能という営業をして、とりあえず案件を取ることを優先している人もいるくらいです。

 

低単価の案件でも継続して続けていけば、信頼が積み上げられ、単価が上がっていく可能性もあります。

 

そのため、まずは低単価の仕事から始めて、実績・信頼を積み重ねていきましょう。

 

とにかく営業を粘り強く続ける

 

案件を取るためのポイント3つ目は、とにかく営業を粘り強く続けることです。

 

これは、3つのポイントの中で最も重要なポイントと言えます。

 

仕事が勝手に舞い込んでくるという幸運はあまりないのが現実です。

 

そのため、常に自分にできる仕事はないかを探し続け、営業していくという意識が重要になります。

 

営業・提案を続けていれば、必ず自分に合った案件を獲得できるでしょう。

 

フリーランス向けマッチングサービスを利用する際の注意点

フリーランス向けマッチングサービスを利用する際の注意点

どのような案件を受注するかによって、仕事への満足度が変わるので、案件選びは非常に重要です。

 

ここでは、フリーランス向けマッチングサイトを利用する際の注意点を解説していきます。

 

マッチングサービスで案件を取る際の注意点は以下の2つです。

・単価が安すぎないかをチェックする
・悪質なクライアントとは取引しない

 

これらの注意点に気を付けつつ、案件選びをおこなっていきましょう。

 

単価が安すぎないかをチェックする

注意点の1つ目は、単価が安すぎないかをチェックすることです。

 

受注した案件の単価が安すぎると、お互いに良くないことが起こります。

 

受注側は、単価が安いことで仕事へのモチベーションを保ちにくくなるうえに、精神的にも消耗する可能性が高いです。

 

発注者側も、受注者の仕事のクオリティに満足できないという事態が起こる可能性があります。

 

単価が安いことで、結果的に良い成果物を納品できなくなってしまうので、単価は必ずチェックしましょう。

 

悪質なクライアントとは取引しない

 

注意点の2つ目は、悪質なクライアントとは取引しないことです。

 

悪質なクライアントとは、連絡が滞りがちだったり、コミュニケーションの取りにくいクライアントを指します。

 

悪質なクライアントと取引すると、後々報酬に関するトラブルに巻き込まれたりなどする可能性が高いです。

 

そのため、取引するのが不安になるようなクライアントとは、思い切って取引をやめてしまいましょう。

 

フリーランスは案件を探すことも仕事の1つ!

パソコンで仕事

フリーランス向けマッチングサービス14選と、案件を取る際のポイントと注意点について解説しました。

 

今回解説したように、現在では多くのマッチングサービスがあるので、自分に合ったサービスをぜひ探してみてください。

 

マッチングサービスで案件を取るときは、解説したポイントや注意点を抑えつつ提案をおこなっていけば、必ず良い案件に巡り合えるはずです。

 

たくさん営業して、好案件を取れるように頑張りましょう。

 

◆無料で300人のプロフェッショナルを活用 人材の採用診断も 

私達、株式会社まーけっちは、
経営方針や事業計画の徹底したヒアリングに基づき、採用計画や必要な人物像の策定からご提案まで行います。

正社員は勿論、副業・フリーランス人材の選定も、専門家がコミット!
「頼るべき仲間が見つかる」 自社採用は勿論、在宅や外部のワーカーの活用のための ビジネススキル・適性診断を開発しました。
期間限定で無償お試し可能! ご興味があるという方はお気軽にお問合せください。


採用スクリーニング診断とプロフェッショナルプラットフォーム


・資料の無料DLはこちら

 

 

◆代表プロフィール



株式会社まーけっち 代表取締役社長 山中思温

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 山中思温12-217x300.jpg
 
 

マーケティングリサーチのプラットフォームの企業で、 最年少で事業部を立ち上げ、広告予算ほぼゼロで、国内トップの実績を達成。


中小・スタートアップ企業のマーケティングに関する構造的課題を痛感し、それを解決するため、株式会社まーけっちを創業。大手企業・国家機関・スタートアップなど100社以上の戦略支援を行い、コミットと売り上げ貢献成果に定評がある。上智大学外国語学部卒。




◎副業・フリーランス登録のご相談もお待ちしています!

◎FACEBOOK
 ◎Twitter

ーー

マーケ屋必見!!最強リサーチテンプレート&ノウハウを無料プレゼント!